髙尾山は東京都心から約1時間ほどで行ける、登山やハイキングで最適な場所として1年中人気の場所ですば、実は紅葉の名所としても有名です。

中でも「大本山 髙尾山 薬王院」を彩る赤く染まったモミジと歴史溢れる境内には雅な景色が広がっています。

何より豊かな自然が人々の心を癒してくれます。

そこで、髙尾山2017の紅葉の見ごろ、おすすめのコースや服装、アクセス方法や駐車場について紹介します。

髙尾山2017 紅葉の見ごろ

紅葉の見ごろ

髙尾山の紅葉の見ごろは11月中旬 ~ 12月上旬にかけてです。
山ということもあって、意外と長い期間紅葉が楽しめるので予定が立てやすいので嬉しいですね。

ただ、「大本山 髙尾山 薬王院」の紅葉の見ごろは、例年通りですと11月中旬 ~ 下旬なので、薬王院の真っ赤なモミジを楽しみにしているのならば、少し早めに計画を立てることをおすすめします。

 

髙尾山2017の紅葉 おすすめのコースや服装

髙尾山2017の紅葉 おすすめのコース

高尾山には、薬王院を通る1号路をはじめとしさまざまな登山コースがあります。
脚力や体力合わせて、お好みのコースで山頂を目指せるのでこれもまた楽しみの一つです。

 

1号路

・全長     3.8km
・上り所要時間 1時間40分
・下り所要時間 1時間30分

高尾山の表参道です。

もっとも登山者が多く、ファミリーやカップルに人気があり、高尾山の定番コースです。

ほぼ舗装されているので、初心者でも歩きやすいコースです。
途中、薬王院の参拝や歴史も楽しめ、道中にはお店やさる園など観光スポットもあり、ゆっくりと高尾山を楽しみながら山頂をめざせます。

2号路

・全長 0.9km
・一周 40分

1号路のちょうど中腹にある森林を周遊するコースです。

たこ杉を囲むようにブナ、イヌブナ、シイ、カシなどたくさんの木々が盛りだくさんに広がっています。

3号路

・全長     2.4km
・上り所要時間 1時間5分
・下り所要時間 55分

1号路、浄心門左脇から山頂に伸びるコースです。

緩やかな道が続いているのでゆっくり歩きながら自然を感じながら歩けるコースで、南斜面で大きな杉の木やモミ林があります。

4号路

・全長     1.5km
・上り所要時間 55分
・下り所要時間 50分

1号路浄心門右脇から山頂へ伸びるコースです。

多くの木々が生い茂り、ちょっとスリルのある吊り橋(みやま橋)がある人気のコースです。

5号路

・全長 0.9km
・一周 30分

山頂周辺の周遊コースです。

周りには江戸時代後期に植林された江戸杉が広がり、すべてのコースへと繋がります。

高尾山の植物を探索できるコースでもあります。

6号路

・全長     3.3km
・上り所要時間 1時間30分
・下り所要時間 1時間10分

ケーブルカー、清滝駅の沢沿いを登っていく、別名びわ滝コースとも呼ばれます。

滝の流れる涼しい道で鳥の鳴き声や沢のせせらぎを楽しめます。

途中にある飛び石などを楽しみながら山頂まで登ることが、ケーブルカーやリフトは利用できません。

稲荷山コース

・全長     3.1km
・上り所要時間 1時間40分
・下り所要時間 1時間20分

ケーブルカー・清滝駅すぐ左の階段を登っていく一番きついコースです。

高尾山のコースの中では一番日当りが良いとされ、途中あずま屋のある展望台からの見晴しは抜群です。

このコースもケーブルカーやリフトは利用できません。

 

このように高尾山にはさまざまな登山コースがあります。

 

おすすめのコースは、定番コースとされている、「大本山 髙尾山 薬王院」など観光スポットを巡りながら行ける「1号路 表参道コース」です。
薬王院を参拝し、真っ赤に染まったモミジをぜひ観賞してください。

髙尾山2017の紅葉 服装は?

高尾山に紅葉を見に行くのにどんな服装で行けばいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

高尾山は都心から簡単にアクセスできますが、標高599mの山であることには変わりはありません。
普通の街を歩く格好ではさすがにいけませんね。

しかし、本格的な登山の格好でなければ行けないわけではありません。

 

おすすめのコースの1号路は頂上までほとんどが舗装され、歩きやすく整備された道なので、動きやすく、汚れても良い格好ならOKです。
ただ、女性の場合スカートやめましょう。
やはり、パンツスタイルがおすすめです。

 

靴もおすすめのコースの1号路では、登山用である必要はありません。
しかしハイヒールや革靴はやめましょう。

歩きやすい、履きなれた靴で、靴そこがギザギザになっている滑らないものを履きましょう。

 

また、山なので天気が変わりやすい事を想定して、雨具は持参することをおすすめします。

一番いいのはフード付きのウインドブレーカーで、上下セパレート式がおすすめです。
自宅を出るときは暖かかったとしても、山に行って木陰に入ると涼しく感じるでしょう。

ウインドブレーカーがあれば、防寒対策にもなります。
また、折りたたみ傘もあると突然の雨に便利です。

 

バッグは両手が空くリュックサックがおすすめです。
坂道や階段でつまずくことはよくあることです。
両手が空いていないと危険です。

髙尾山2017の紅葉 アクセス方法と駐車場

電車利用の場合

最寄り駅の京王線 高尾山口駅から、ケーブルカー乗り場の清滝駅までは、徒歩約5分です。

・新宿(京王線) → 高尾山口駅

・新宿(JR中央線)→ 高尾駅(京王線)→高尾山口駅

 

車利用の場合

中央自動車道 八王子JCT経由 → 圏央道 高尾山IC → 国道20号線を新宿方面へ 約5分

 

駐車場

高尾山の駐車場は、高尾山口駅の八王子市営山麓駐車場と高尾山薬王院祈祷殿駐車場の2つです。
混雑時は、地元の方が私有地を観光客の駐車場として貸し出していることもあるようです。

高尾山薬王院祈祷殿駐車場

TEL 042-662-1118

・収容台数(250台)

・営業時間(8:00~16:00 出庫は24時間可)

・料金(500円/24時間)

八王子市営山麓駐車場

TEL 042-661-0308

・収容台数(普通車 83台、大型車 8台)

・営業時間(24時間)

・普通車料金
昼間8:00~17:00(150円/30分)
夜間17:00~8:00(150円/60分)
12時間最大料金(平日 800円、土日祝 1,000円)

・大型車料金
全日(350/30分)
24時間最大料金(3,500円)

さいごに

比較的長い期間紅葉を楽しめる高尾山です。

高尾山もみじまつりが11月1日~30日まで開催されるので、ぜひ紅葉と一緒におまつりを楽しにましょう。