2019年の入谷朝顔まつりの開催日程と時間、気になる購入金額や選び方、またアクセスや交通規制のついてお伝えします。

日本最大の朝顔市と言われている東京下町の入谷で行われる「入谷朝顔まつり」は東京の夏の風物詩です。
入谷鬼子母神を中心として言問通りに約60軒の朝顔業者と80の露店(縁日)が並ぶ、昔懐かしい雰囲気に包まれた人情味あるお祭りです。

入谷朝顔まつり2019 基本情報

入谷朝顔まつりは「おそれ入谷の鬼子母神(きしぼじん)」 で有名な、入谷の鬼子母神(真源寺)の境内とその門前の言問通りで開催されます。

入谷朝顔まつりの歴史

入谷の朝顔が世に知られるようになったのは江戸時代末期の頃です。
最初あさがおは御徒町で栽培されていましたが、時代の流れによって入谷の植木屋が朝顔を造るようになります。

明治中期になると、朝顔の出来栄えの素晴らしさは鑑賞用として広く人々に知られることになりなす。
最盛期の頃は、なんと一千種類もの朝顔が花を咲かせていたと言われています。

その後、大正時代朝顔は一度入谷から姿を消します。

しかし戦後、地元の朝顔同好会(現 朝顔実行委員会)が商店街の再建と人々の心を癒そうと、焼けた街路樹の跡や空地に朝顔の種をまき、「入谷の朝顔」の復活に努め、朝顔市として現在の姿を取り戻したのです。

入谷朝顔まつりの開催日は、朝顔の種子を「牽牛子(けにごし)」とも言うことから、牽牛星(けんぎゅうせい)と織姫が1年に1度会う七夕にちなみ、毎年7月6日・7日・8日に決められたと言われています。

販売されている朝顔の7割は江戸川区産です。
下谷観光連盟と入谷朝顔実行委員会公認の札(タグ)が付けられているので、確認してみましょう。
「公認の札」が付いたこだわりある朝顔がところ狭しと並んでいますよ。

おすすめの朝顔の品種は、曜白(ようじろ)、桔梗(ききょう)、歌舞伎役者2代目市川団十郎が好んでた為、命名された朝顔のプリンスとも言われる海老茶色の団十郎(だんじゅうろう)などです。

【開催日時】
■開催日
2019年7月6日(土)・7日(日)・8日(月)
■開催時間
5:00~23:00

≪朝顔の華やかさを感じたい場合≫
朝顔が元気に華やかに咲き揃う姿を見るには早朝に行きましょう。
朝顔まつりが早朝5時から始まるのは、開花する朝顔の習性に合わせているからなのです。

≪露店を楽しみたい場合≫
露店を楽しみB級グルメを堪能したいのであれば、道路が歩行者天国になり涼しくなる夕方の時間帯を目指していきましょう。
ただし、この時の朝顔はほとんど花を閉じています。

【開催場所】
東京都台東区下谷1-12-16
入谷鬼子母神(真源寺)周辺
※朝顔の販売は、早朝から交通規制が行われる前まで、真源寺境内と言問通りの歩道側になります。

[su_gmap width=”300″ height=”200″ responsive=”no” address=”入谷鬼子母神”]

【問い合わせ先】
入谷朝顔実行委員会
TEL 03-3841-1800

 

入谷朝顔まつり 朝顔の購入金額と選び方

所狭しと並んでいる朝顔ですが、どこの朝顔業者さんで買っても朝顔の値段は同一金額で統一されています。
だから、なるべく良い株の朝顔を販売している朝顔業者さんを探すことが重要なんです。

1軒目で決めてしまわないで、色々回って信頼できるお店を探しましょう。

朝顔の購入金額

例年、小さいものは800円~
鉢植えのツルが5本の支柱に巻きつけられた行灯作り(あんどんづくり)は2,000円です。

鉢植えの持ち帰りが心配な人も多いかと思いますが、宅配業者(クロネコ、佐川急便、郵便局)がブースを設けてスタンバイしているので発送手続きはもとても簡単です。
配送費用はかかりますが安心して購入できます。

しかし、2鉢までなら1人で持ち帰れます!大丈夫です!!
配送料もばかになりません。
私は県外から1人で電車に乗って買いに行き、2鉢持って無事に帰ってこれましたよ。

ただし、バッグはボディバックや斜め掛けのショルダーにしましょうね。
さらにSuicaは常にポケットに入れておくと便利です。

 ⇒ ボディバッグのウエストポーチとの違いと利点 入れるものは何?

両手が空くボディバッグはリュックより扱いやすいですよ。
こちらを参考にチェックしてみましょう。

朝顔の選び方

専門の朝顔業者さんばかりなのでハズレはないとは思いますが、色々ブースを周り朝顔の育て方のコツなどを質問してみて、親切に教えてくれる朝顔業者さんを選びましょう。
会場に行く前にどんな種類の何色の朝顔が欲しいのかをだいたい決めておくといいかもしれません。
朝顔業者さんに種類と色を伝えると、おすすめの鉢を選んでもらえます。

一般的に良いとされる朝顔は次のようになっています。
株元しっかりしている
ツルしっかりしていて太い
葉数多くしっかりしている

私は入谷朝顔まつりで購入した朝顔の種を収穫して、翌年またその翌年と自宅で育てています。
ずーっと楽しめますよ!

 ⇒ 朝顔の種の収穫時期や取り方と保存方法や保存期間は?

こちらを参考にして翌年朝顔を種から育ててみませんか!

入谷朝顔まつりへのアクセス

会場には駐車場の用意はありません
さらに入谷朝顔まつり中は、会場周辺の路上パーキングメーターやパーキングチケットは休止とのことです。
駐輪スペースなどの確保もないとのことなので、公共の交通機関を利用しましょう。

【電車で行く場合】
■東京メトロ(日比谷線) 入谷駅 徒歩約1分
地上に出るとまさにそこが入谷朝顔まつりの会場です。

■JR(山手線・京浜東北線) 鶯谷駅南口下車 徒歩約3分
ちょっと歩きますが、こちらの方が比較的すいています。

早朝に朝顔購入目的で会場に向かうのであれば、入谷駅が良いでしょう。
早朝であれば入谷駅もまだ混雑していません。

私は3年前に初めて入谷朝顔まつりに早朝朝顔を購入しに出かけました。
比較的空いているという鶯谷駅(南口)に降り立ったのですが、早朝だったため人もまばらで土地勘のない私は逆方向へ歩いてしまって、大きく時間をロスしてしまいました。
やはり地上に出るとまさにそこが会場の入谷駅にすればよかったと後悔しました。

交通規制

開催期間中の3日間は言問通りが車両通行止めになります。
平日と土曜日・日曜日では通行止めの時間帯が違うので注意しましょう。

交通規制による歩行者天国が始まると、車道側でも販売が行われるので会場は一気にぐーんと広くなります。

【車両通行止(歩行者天国)の時間帯】
●7月6日(土)12:00~21:30
●7月7日(日)12:00~21:30
●7月8日(月)17:00~21:30

21:00過ぎる清掃車が入ってくるので、速やかに歩道へご移動しましょう。

※交通状況により時間が変更になる場合があります。

まとめ

入谷朝顔まつりの開催期間中は多くの人が訪れ大変なな混雑が予想されます。
夏の開催なので、暑さ対策や熱中症予防しっかりしましょう。

 ⇒ 東京で人気のお祭りの日程・時間・場所・アクセスを紹介

他の東京で開催される他のお祭りもチェックしてみましょう。

 ⇒ 日本全国のお祭り情報一覧 観て食べて感動と興奮

日本全国のお祭り情報一覧になります。