「関門海峡花火大会」は、海峡をはさむ福岡県北九州市門司区と山口県下関市の両岸で共同開催される大花火大会です。

門司側は大玉の連発、音楽花火、下関側は一尺半玉、水中花火、フェニックスが、両岸から競うように打ち上げられるので、それなそれはめくるめく花火のオンパレードです。

また海岸からだけでなく、山の上からからも眺めることが出来るので花火と一緒に夜景を楽しむ事が出来て、毎年120万人以上の来場者数を誇る人気の花火大会です。

そこで、「関門海峡花火大会2017」の日程、有料席や穴場スポット、見どころ、交通規制やアクセスについて紹介します。

関門海峡花火大会2017 日程と基本情報

開催日時

開催日は毎年8月13日と決まっています。

今年は、2017年8月13日(日)週末の開催です。

打ち上げ時間は19:50 ~ 20:40まで。

※雨天決行
荒天(台風など)の場合は中止です。
順延はありません。

打ち上げ場所

海峡の両岸(門司側、下関側)の2ヶ所です。

門司側

福岡県北九州市門司区西海岸埋立地(JR門司港駅そば)

JR門司港駅  徒歩 約5分

下関側

山口県下関市唐戸あるかぽーと地区および22号岸壁周辺

JR下関駅  徒歩 約15分

打ち上げ数

約13,000発(門司側・下関側の合計数)

問い合わせ先

門司側

海峡花火大会門司事務局
北九州市門司区西海岸1-6-2
TEL 093-331-8781

下関側

下関21世紀協会
下関市上田中町2-5-2
TEL 083-223-2001

関門海峡花火大会2017 見どころ

毎年120万人が訪れる西日本最大級、来訪者数では全国第2位となる超大型花火大会、とにかくスケールが大きいです。

門司会場

門司での見どころは、大玉の連発音楽花火です。

優美で豪華な花火が観客の目を楽しませてくれます。

下関会場

一尺半玉(最大直径450m)、水中花火(海峡に轟く大音響)、フェニックス(空に舞う火の鳥~復興祈願花火)と門司海上とは趣向が違う演出が見どころです。

とにかく大きい迫力ある花火が次から次へと打ち上げられ、素晴らしいの一言です。

 

花火の総数13,000発。
門司側で6,500発、下関側で6,500発が50分に打ち上げられるド迫力を思う存分堪能してください。

関門海峡花火大会2017 メイン会場 有料席

関門海峡花火大会は、門司側と下関側ともに有料席の準備があります。

まず下関・とも有料席に有料席が準備されていますが、主催が違うので、席の種類や料金が異なります。

門司側

・門司港西海岸埋立地(JR門司港駅前すぐ)

※メイン会場は有料チャリティエリアとなります。(但し小学生以上)

◇会場図

 

◇会場詳細マップ

・協賛金

一口5,000円
一口につき椅子席1席

申し込み方法 実行委員会にお問い合わせ。

・特別協賛金

今年は最前列限定のS席(15,000円)も用意しています。
一口12,000円
一口につき5人座れる桟敷席を提供。

申込み方法 http://hanabi.moji-retro.com/shop/

・協賛椅子席

早期割り(7月20日まで)一口3,000円
椅子席(一人用)を提供し。

※7月21日より3,500円に変更。

申込み方法 http://hanabi.moji-retro.com/modules/guide/index.php/contribute/chair.html

・環境整備協力席

花火大会当日に協賛すると、環境整備協力席のエリアに入場できます。
1人1,000円 大人同伴の子どもは無料。

※ただし、椅子や敷物の準備はしていないので、各々敷物を持参しましょう。(会場でも販売あり)
椅子やパラソルは使用禁止。

申し込み方法 当日環境席受付にお申し込み(指定人数に達したら受付終了)

下関側

・あるかぽーと下関及び22号岸壁(市営細江駐車場前岸壁埋立地)
・カモンワーフ唐戸市場前

※メイン会場は、有料チャリティエリアとなります。
当日のチケットは先着順です。
ただし、小学生未満は無料ですが、席が必要な場合は有料となります。
(その際は小人料金 各500円割引)

 

・あるかぽーと下関会場

Sエリア(椅子)【前売り】1,800円・【当日】2,000円
Aエリア    【前売り】1,300円・【当日】1,500円
一般エリア   【当日のみ】1,000円

・22号岸壁会場

前方エリア(椅子)【前売り】1,800円・【当日】2,000円
一般エリア    【当時のみ】1,000円

・カモンワーフ

【当日のみ】500円

・唐戸市場前会場

【当日のみ】500円

◇購入方法
・JR下関駅、新下関駅各観光案内所
・下関市役所売店
・シーモール1F売店/案内所及びプレイガイドラン
・下関21世紀協会他
・インターネット販売(全国のセブンイレブン、ファミリーマートで受取可)

関門海峡花火大会2017 穴場スポット

人気の花火大会なので有料席も激戦の可能性があります。
早く並んで当日券を手に入れるのは無理というそんなあなたに穴場スポットを紹介します。

門司側

風師山の展望広場

地元の人の定番穴場スポットです!

展望広場から関門海峡が一望できるのでと花火の美しさは申し分ありません。

片上海岸

下関の夜景が美しく花火もきれいに見えます。
絶好のビューポイントなのですが、人気も高いので早めの場所取りをおすすめします。

和布刈公園

門司城址にある広場です。
左には門司港側から打ち上がる花火、右には下関側から同時に打ち上がる花火が楽しめます。
打ち上げ場所から離れているので、音は小さめです。

めかりパーキングエリア

.

門司と下関の両会場の花火を楽しめ、トイレも完備しているので安心です。
しかし、駐車場が早い時間帯に満車になってしまう可能性があることと、帰りには渋滞に巻き込まれることは覚悟しておきましょう。

下関側

海響館

海響館の出口が全面ガラス張りです。
また打ち上げ会場方面にあるので、上手に場所をキープして、涼しい館内から花火が楽しめます。

海峡ゆめタワー

打ち上げ会場からは少し離れていますが、海峡ゆめタワー内から下関と門司の両会場の花火を楽しめます。

入場料を払うことになりますが、涼しい中で花火が見れるのは嬉しいですね。

火の山公園

瀬戸内や日本海が一望できる夜景スポットとして有名な公園は、花火観賞にもおすすめです。

少し距離はありますが、人気のスポットなので18時前には着くよう早めの行動しましょう。

巌流島

有名な観光地である巌流島は、関門海峡花火大会のビューポイントです。
混雑しないし、巌流島で見る花火は迫力抜群です。

しかし、前もって計画を立ておかなくてはなりませんね。

門司港レトロ内桟橋または下関の唐戸桟橋から関門汽船の巌流島行き渡船が出ています。

関門海峡花火大会2017 交通規制とアクセス

交通規制

関門海峡花火大会当日は会場周辺は、交通規制が実施されますので大変混み合います。
公共交通機関を利用しましょう。

門司側

交通規制は17:00 ~ 24:00までです。

しかし、西海岸埋め立地へは13時より車両進入禁止になりますので注意しましょう。

下関側

交通規制は16:00 ~ 22:30までです。

 

 

アクセス

門司側

会場まで
・JR門司港駅 徒歩約10分

しかし、これは通常の場合です。
打ち上げ開始が近づくにつれ大変混雑しますので、有料チケットをお持ちの方もお早目に会場に着くよう早め早めの行動をおすすめします。

また、花火終了後の20:40 ~ 22:00頃までは門司港駅周辺は大変混雑しているので、帰りはさらに混み合い駅まで約30分以上かかると考えていた方がいいかもしれません。

ただ、当日JRは23:00まで約5分間隔で帰りの臨時便を運行するので、慌てずに駅に向かってくださいね。

下関側

会場まで
・JR下関駅 バスで5分 → 海響館前下車 徒歩1分
・JR下関駅 徒歩 約15分

まとめ

関門海峡花火大会は、門司と下関でお互いが競うように、打ち上げるとにかくスケールが大きい花火大会です

日焼け対策、虫刺され対策、水分補給を万全に、早め早めの行動で余裕をもって楽しい夏の思い出となる大きな花火を目に焼き付けましょう。